Java update checker がスクリプトエラーになったので手動で更新してみた。

一通の通知から、それは始まった・・

先日、いつも通りPCを起動したところ
JAVA UPDATEできますよ的な通知が表示されました。



まじっすか、Windows先輩・・。えーめんどくさいなと思いつつ
通知をクリック。

あれ?うんともすんともしないけど??

しばらくしたら・・



は?ワケわかめ?なんですけど。

Updateできないんだったら、通知すんじゃねー
ってことで、現在のJavaの状況 を見てみましょう。

現在のJavaのバージョンを確認

スタートメニューのなかのJavaホルダをクリックし、「Javaの構成」を選びます



まず、更新する前に、現在のJavaの状況を確認

表示された「Javaコントロール・パネル」で、「Java」 というタブを選び、「表示」をクリック。



すると、「Java Runtime Environment設定」 というものが表示され、
現在のJavaのバージョン が確認できます。
自分の場合は、Javaのバージョンが「1.8.0_231」でした。


Javaを更新する

バージョンを確認したところで、いよいよJavaの更新をします。
先ほど開いた「Java Runtime Environment設定」「OK」 を押し、閉じます。
そして、「Javaコントロール・パネル」「更新」 タブを選択。


「今すぐ更新」をクリック



Javaの更新が始まりました。



無事にインストールされました。

更新後のJavaのバージョンを確認

それではもう一度、Javaのバージョンを確認して見ると・・。



おー!バージョンが新しくなってる。
とりあえず更新できたみたいです。

「Javaコントロール・パネル」を閉じて、更新作業終了です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク